2021年6月16日水曜日

国立公園17日の旅:10日目_part 2「サンフランシスコ:アルカトラズ島刑務所(Prison of Alcatraz Island) 」

 午後5時のフェリー:ピア33より($150) 。サンフランシスコの最後の旅はここアルカトラズ島です。別名は " The rock"(映画にもなっています)。三日間待ってやっと手に入ったチケットです。

毎年100万人以上の観光客が訪れる世界的な観光スポット。1934年から1963年まで連邦希有墓所があり、脱獄不可能な刑務所と呼ばれていました。 

サンフランシスコの街を背に、
アルカトラズ島が見えてきました。刑務所として使用されていた29年間に、
1576人の囚人たちが収監され、マフィアの帝王:アル•カポネや、マシンガン•ケリーなど有名な凶悪犯も多く投獄されていました。
「脱獄不可能」と言われてはいたものの、実際に脱獄を試みた囚人は36人もいたそうです。ほとんどが、途中で射殺されたり、再逮捕されたり、海で溺死したりしていますが、中には、見つからなかった囚人もいるそうです。
坂ノ下には、この島で一番古い建物ガードハウス(Gurad House)やミリタリーチャペル(Miritary Chapel)が見えます。刑務所で働く人々とその家族も住んでいたので、花壇もありコミニュティーの憩いの場もあったようです。

無料でこのようにオーディオガイドを借りることができます。ガイドは絶対に借りるべきです。
この3がい建の圧巻の刑務所の光景がまるで映画のようです。
Broadway ブロードウエイという列が、監獄の中でもメインになるセル。一度も満室になったことがないそうですが、最高で302室が埋まり平均260人くらいが収容されていたそうです。
セルの中はこんな感じ。女性は一人もいなかったそうです。
1962年に、脱出を試みた三人がいました。食事に出されるスプーンで掘り続け脱出経路を作ったそうです。これがその経路

そして、脱獄の日には、自分が寝ているかのように見せる人形を置いて行ったというよう周到の脱獄劇です。この三人(モリスとアングリン兄弟)その後も見つかっていません。2013年にサンフランシスコの警察にその一人から手紙が届くということがあったそうです。

逃げるために、いろいろな道具があったのですね。
鍵のストリー


写真がありませんが、アル•カポネをはじめとする凶悪犯のストリーはこちら


けんちゃんはこの島に興味津々。この島についての本も購入しました。映画は、
「アルカトラズ島からの脱出」(1979) 「告発(1995」などがあるそうです。ぜひ見たいです。
ここは国立公園なので、またけんちゃんはジュニアレンジャープログラムをやってバッチをもらいました。
寒いけど とても綺麗な夕日。8時にサンフランシスコに戻ってきました。

アルカトラス島の模型
楽しかったサンフランシスコ!今から、1時間運転してTracyという街のEcono lodge ($96)で一泊します。

国立公園17日の旅:10日目_part 1「サンフランシスコ:ジャパンタウン!」

朝のランニングの途中。Pier9から。
Rincon park Rincon Parkには、Cupid's Spanという名の高さ18mの巨大なオブジェ
バスに乗って(大人$3子供半額)ジャパンタウンにやってきました!
まずは、「ダイソー」で食器などのショッピング。買いたいものはたくさーんあったのだけれど。とりあえず、素敵な食器や便利な文房具を購入。けんちゃんは「このウサギの耳」ではなく、「いのしし」のぬいぐるみを買いました。
お昼は、NANDE-YA で。ランチスペシャル。けんちゃんはいくら丼とザルそば。はなちゃんは味噌ラーメンと唐揚げ。
ママは、さば定食とマグロ丼。ご飯の量がすごい!
パパは味噌ラーメンといくら丼。量が多く、味もまあまあ。でも安かった!($72)
食後は、食品の買い物。「やすい!」そしてまるで日本の様なスーパー(Ninjya )に感動

2021年6月15日火曜日

国立公園17日の旅:9日目_part 2「サンフランシスコ:ロンバートストリート・美味しい寿司」

午後からはこちら、ロンバートストリート・に行く女の子チームとRipley's Believe It or Not博物館に男子チームは行きました。
紫陽花がとても綺麗でした。わずか200m の距離に8つの急カーブがあります。これは、アトラクションでもなく、一般の車道なのですよ。
コロナでなかったら、1日2万人も訪れる時もあるそう。
はなちゃんが何枚かいい写真を撮ってくれました。

こちらは、男子チームが行った博物館から、マッチ棒で作られたケーブルカー。
こちらもマッチ棒で作られたNASAのチャレンジャー(爆発して無くなってしまったもの)よく見ると細かいところまで作られている。
1cent (ペニー)から作られた肖像画。他にもこの博物館には、
夕食は、Sushi on North Beach(勝) Happy Hour のお値打ちのメニューからたくさん美味しい寿司をいただきました。

餃子から、イカのげそあげ、海藻サラダ、天ぷら、握り寿司、いくら寿司などなど
けんちゃんもこの寿司プレートを2皿食べました。このプレート$10でとっても美味しかったです。

国立公園17日の旅:9日目_part 1「サンフランシスコ:Peir 39 アシカとチャイナタウン」

 ママの朝のランニングの風景から。ファイナンス地区のビルディング。

今日はここからスタート。ピア39のアシカセンター。自然に集まったアシカが200頭もいるそう。「うーうー」とうねり声をあげていました。

チャイナタウンまで歩き、ちょっと早いお昼の点心(ディムサム)を楽しむつもりでしたが、最初に行った安くて有名なレストランが改装のためにしまっていて。。
そこのレストラン(Hong Kong Lounge)は座って食べることができるはずだったのに。
仕方なくテイクアウトで美味しいお店に行きました。"Good Monkok Bakery "行列ができていました。お店の人は、もちろん英語がわからず、しかも全く丁寧ではなく、オーダーに困りました。指を指して「これ!」と言ってもわかってもらえないし、「何が入っているのか」質問したくても通じない!しかも行列でたくさんの人が並んでいるので早く注文を終わらせねばと。
適当に$20ほどもものを購入してホテルまで戻りました。
ホテルの外に ソファとテーブルがあります。寒いのでもちろん「火」もあり、暖かい!ここに座って「点心」をいただきました。やはり点心の人気は、「えび!」

そうそう、チャイナタウンを歩いている時に「ケーブルカー」を見て。「乗りたい」と。カリフォルニアでは明日からコロナの制限が解除になるため「ケーブルカー」に乗ることができるかも!?と思いきや、ケーブルかーはこの9月までオープンしないんだって。 本当残念。





2021年6月14日月曜日

国立公園17日の旅:8日目_part 2「サンフランシスコ:ホテルでゆっくり」


けんちゃんが「国立公園のレンジャープログラムをやりたい」ということで、立ち寄りましたが、生憎午後3時で閉館(コロナのため)。いろいろな船の歴史や珍しい船を見られたり、ゴールデンゲートブリッジの眺めもいいとか。

じゃせめて、創業160年のギラデリチョコレート( Ghiradelli Chocolate)のサンプルをもらおうとマーケットプレースに向かうがこちらもコロナのためなし。。。
風が冷たく、最高気温も13度。寒いし、キャンプからの疲れもあって、ホテルに帰ることに。
日曜日だったので、こんな古い車のショーを道路沿いでやっていました。
漁師が「釣ってきた魚を素晴らしい手捌きをしている」のに見惚れて。日差しは強いのですが寒いのです。
夕食はホテルでまったりしながら食べようということで、ボーディンベーカーリーであの有名なクラムチャウダーとサワドーブレット($46)をお持ち帰りにしました。
この 'BOUDIN" ベーカリーは1864 年創業。フランス人の移民が開いたお店で、ゴールドラッシュだったこの時代にとても流行ったようです。職人さんのパン作りをしばらく眺めていました。
ホテルでけんちゃんもサワードーブレッドを満喫。