2020年12月27日日曜日

フロリダ南部の旅:3日目Part 1: 寒くてスノーケリングできず、、l州立公園

インフォメーションセンターの前で一枚。
このボードにはまいりました。2日間シャワーも浴びず過ごした私たち。今晩のコンドミニアムが待てません。
ボートの中では水も出なかったので、朝ごはんは、ダンキンドーナツとスターバックス。

本当は、今日はこれからガイドさんと、スノーケリングの予定でした。「キーズ国立海洋保護区」だけで見られる海洋生物を見に!でも、昨日からの寒波で、朝8時、なんと15度。これで、強風の中海に潜ったら「寒くて死んでしまう!」ということで、残念ながらキャンセル。

ウイスコンシン州の秋の綺麗な日のような気候。ハイキングを楽しみました。
フロリダでしか見慣れない植物を見ながら散策。禿鷹(はげたか)の一種のTurkey Veltureが高い大空を飛んでいました。いいえものを探しているのでしょう。


 

2020年12月26日土曜日

フロリダ南部の旅:2日目part 2: アメリカ最南端で

 第二日目のハイライトは、アメリカ最南端でのこの一枚。「マイルマーカー0の標識」の前で。この地点からキューバまでは90 マイル(144km)です。US1 (国道1号線)の起点、終点がここキーウエスト諸島の最短単にあるのです。この国道1号線は、アメリカ東海岸を横断しカナダまで続いています。

なんと寒い1日。最高気温は17度。寒い中このスポットで写真を撮るために並びました。

ここまで綺麗な写真を何枚か載せます。カイヤックの後、まず、マイル76(つまり最南端から76マイルのこと)"Highway piers-Historical Maker " で。
海の青さはすばらしい。ところで、キーウェストという地名は、人骨がこの島で発見されたことから、スペイン語の「カヨ・ウェソ(Cayo Hueso;人骨の島)」が由来となっている。これが英語化の過程で「カヨ (Cayo)」が「キー (Key)」に、「ウェソ (Hueso)」が「ウェスト (West)」に変化したと考えられている。
1953 のハリケーンで、鉄道を作っていた作業員がなくなったと。

とにかく風が強く寒い!強風は島だからよくあることらしいけど。

あの有名な「セブンマイルブリッジ」この大海原に橋が2本だけという奇跡のような景色の橋。

「セブンマイルブリッジ」ハリウッド映画やCMなどにもたくさん 使われているそうです。
車窓からはこんな感じ。


マイル30の「Blue Hole Big Pine Key」というエリアで。かめさん。
けんちゃんの後に見えるのは、「わに」さんが顔を出しています。
綺麗な景色なので、マイル22の「Sugarloaf」で一枚。
着きました!夕日がとても綺麗です。クリスマスだけれど、やはり人が多いです。
マイル0にあった銅像のそばで。


「Southernmost House」サザンもうストハウスという、歴代のアメリカ大統領が利用していたマンション。今は、一白4万円くらいで泊まれる超高級ホテル。
Historic Marker Number Eight is located at 1400 Duval St.at the corner of  Duval and South St.

キーウエストから、キーラゴ市までは、100マイル(160キロ)約二に時間半。8時過ぎに、キーラゴ市に戻ってきました。クリスマスなので空いているレストランはアジア系。昨日と同じ「MAKI寿司レストラン」へやってきました。

ママとはなちゃんとけんちゃんは昨日と同じ寿司。パパは今日は天ぷらです。 昨日はお得なランチメニューでしたが、今晩は、ディナーメニューなので、昨晩より20ドル高い80ドルの夕食でした。

フロリダ南部の旅:2日目Part 1: カヌーで生態学ツワー

 第二日目のハイライトの一つ目は、マングローブの流れと浅瀬をカイヤックで散策する2時間のキーウエスト諸島のカイヤックツワー(一人50ドル弱)。案内人は真ん中の写真のスーザン(ドイツ人)。早速のゴープロを使ってたくさんいい写真を撮ることができました。

ただこの日はとても寒く、風も強かったので、ママはセーターを着ていました。


それと風の影響で海流が強く、それを超えるのに、カイヤックを漕ぐのがとても大変でした。
私たちが見に行ったのは、マングローブ林。

オキーチョビー湖とビックサイプレス(自然保護区:フロリダ半島南西端に広がる湿地帯を含む) からの水は太洋まで流れていきます。淡水と塩水が出会う遷移城では、どちらの水にも対応できるマングローブの林が繁茂している。鳥類、魚類、無脊椎動物に巣を作りさせてくれるマングローブの林

そうそうママの朝ランニングは、こんな道路沿い。キーズの海岸線はほとんどがマングローブの林になっていて、マングローブがないところでも、もともと隆起珊瑚で出来た列島なので海水浴が出来るような砂のビーチがないのです。ハワイやカリフォルニアと違って海岸線がほとんどホテルや個人の所有になっていて、一般人が勝手にアプローチできません。キーズにきて「ビーチがない」のにびっくりする人が多いそうです。
だからママランニングもこんな道路沿い。

2020年12月24日木曜日

フロリダ南部の旅:1日目ヨットに泊まる。

 去年のクリスマスにハワイのマウイ島から1年ぶりの旅行。フロリダのキーウエスト諸島の入り口、キーラゴ(Key Largo)市のマリーナ。今日はこのヨットに宿泊します!

古いヨットを改造して宿泊用にした物です。しかし、、、予想とは大違いでした。こんなはずではなかったのに。私たちが想像していたのは素敵なマリーナにあり、カヌーやパデルボートがそばにあって海にヨットからいつでも行けるような所でした。1泊1万7千円と、高かったし、予約時の写真もすごくいい物だったので「面白い経験として予約しました。

ところが実勢は、写真とは全く別物。このヨット、キャンプサイト場にあり、とても汚く、臭い!そして、狭い。ヨットへ入るまでのボードウォークも古いので滑りやすく危ない。併設されているトイレもシャワーも臭く汚くて、使いたくない状態。そして最終日の朝には、ヨットの中の水は出なくなり、キッチンも使えませんでした。今まで色々旅行してきましたが、これほどひどく「騙された」感がある宿泊所は初めてです。

それでも、世界パンデミックの中、折角の1年ぶりの旅行、「楽しもう」と。夕食は寿司レストランへ。Maki Sushi Restaurant
レストランの中が暗かったので、こんなオレンジ写真で。ママとはなちゃん
寿司セット(15 ドル・11ドル)

パパとけんちゃんはとってもお得なランチセット。
夜7時前までランチセットをやっていました。これで13ドル。けんちゃんはお気に入りの巻き寿司。パパのは天ぷらもついてこの値段です。

そして、一貫3ドルのいくら寿司も特別に注文しました。

アメリカで食べる寿司にしては、なかなかの味でした。
そうそう。ウイスコンシンの我が家を朝4時過ぎに出たのですが、その時は、なんとマイナス20度のこの冬一番の寒さ。しかも前日に大雪が降ったので、三人で朝3時に起きて雪かきをしてなんとか車を出して空港へ。Sun Country Air の直行便でフロリダ州のフォートラドレール市(Fort Lauderdale )まで、3時間45分。そこからレンタカーで1時間半。Key largo 市についたのは、4時過ぎでした。ここの気温は24度。
この時は、ヨットの宿泊所のことも知らず、ワクワクの二人です。このレンタカーは大きいKIA のハッチバック(一週間で6万円)


2020年12月20日日曜日

クリスマスらしい週末

 今週は寒く、0度まで上がることはなかったのですが、週末は0度最高気温。日曜日、アメリカのクリスマスらしいデザート作りました。
ライスクリスピーとマシュマロをバターで溶かしまぜ、かたに入れ固めた物に、デコレーションしました。

この二人が作りました。 ママは、あまりデザートを作ること得意ではないので、普通のうちならクリスマスデザートでいっぱいになる今の季節、我が家には、「クリスマスクッキー」さえもないのです。少しは「クリスマスらしく」なりました。
こちらは、土曜日の補習校の授業の様子。理科の実験をしているところです。この後は、ピアノもあり、いつも通りの土曜日でした。

2020年12月13日日曜日

ゴープロでハイキング

土曜日の午後。先日セールで購入したゴープロ(活動しながら取れるビデオ)を持って、近くの州立公園の滝を見に行きました。パパとけんちゃん二人です。


今週は温かったので、滝も12月なのに凍っていません。
次の3枚の写真からけんちゃんを探すことができるか?!
この写真は簡単にけんちゃん見つかるね。
こんなふうに、岩に上り歩くのが大好きなけんちゃん。

空を見ながらちょっと一休み。

ゴープロでたくさん録画を撮ることができましたよ。