2019年7月30日火曜日

五大湖スペリアル湖の海岸旅行3: Apositle Island: スペリアル湖に浮かぶ小さな島

三日目。ドルース市にさよなら。スペリアル湖のにかかる橋を渡り、ウイスコンシン州へ入ります。今日は南に2時間、ウイスコンシン州に入って、スペリアル湖に浮かぶ列島を尋ねます。この列島、スペリアル湖の宝石とも言われいて小さなビーチ、崖、などなど色々な自然の姿があります。
この列島、アポストル(Apostle Islands )と呼ばれていて21島があると言われています。

時間があれば、この列島をフェリーで回ったのですが、今日1日しかないこと、そして、天気がとってもいいので、スペリアル湖をカイヤックツワーに参加することにしました
一人$50で3時間。パパとけんちゃんチーム。ママとはなちゃんチームに別れ2つのカヌー。ガイドさんもついてきてくれて色々説明してくれます。
ガイドのマイクさんは、先住民の方。先住民の歌を歌ってくれたり、先住民の言葉で昔話してくれたりしました。
有名な「赤い崖:Red Cliff」を見に行きました。



その何枚かの写真です。メキシコに行った時のセノーテを思い出します。

けんちゃんはカエルさんを捕まえて嬉しそう。
最後に、マイクさんと一枚!

2019年7月29日月曜日

五大湖スペリアル湖の海岸旅行2-2: グランドポーテージ Grand Portage

 風光明媚なスペリオル湖北岸を背にしたグランドポーテージ国立公園(Grand Portage National Monument)は、ミネソタ州のグランド・ポーテージ・インディアン居留区(Grand Portage Indian Reservation)の中にあります。
 アメリカ中西部にあるこの国定公園では、全長 27 キロのグランドポーテージ(Grand Portage)の小道が保護されています。ここはオジブワ族の居住区です。また、18 世紀にヨーロッパの毛皮商人たちが行き来したルートの一部でもあります。グランドポーテージ(Grand Portage)の小道は、スペリオル湖(Lake Superior )の歴史的な駅とピジョン川(Pigeon River)沿いに佇むフォートシャーロット(Fort Charlotte)を結んでいます。
その小道沿いに、その時の生活をそのままシミュレーションしているサイトを尋ねました。上の写真はキャンプサイトで、下の写真は、ホールの中の帽子屋さんです。
当時は、イノシシの皮で作った帽子が人気があり価値のあるものでした。
 こんな大きいカヌーを使って川を行き来してビジネスをしていたのです。
 この湖畔からスタート!

サイトを訪れた後は、資料館で一枚。時間があれば、小道をハイキングしたかったのですが、夕方5時。2時間半かけて、ドルース市に戻らなくてはならいので、諦めました。

 そうそう、二人は、国立公園の職員に、「この国立公園について学びました!」という照明の誓いをしました。アメリカの国立公園ならどこでもこのような制度があります。
今日もけんちゃんは、ホテルのプールでスライドで遊び、、この写真 

2019年7月28日日曜日

五大湖スペリアル湖の海岸旅行2-1:シルバーベイとグランドマレー Silver Bay/Grand Marais

パパの撮ったSilver Bay の写真!Facebook に載せたら80人くらいの人が「いいね!」を押してくれました。素晴らしい写真です!!!
ところで、今日は、ドルースを9時ごろに出て、カナダの近くまで行きます。この写真は、パパのリクエストにより、トンネルの写真を一枚。
 途中のSilver Bay にて。

パパがいい写真を撮ってくれたので何枚か載せます。

 そして、Sliver Bayを小高い丘から見る展望台にいるのですが、、けんちゃんは相変わらず、こんなことしています。
 グランドマレー市にお昼に着きました。人口5000人ちょっとの小さい街です。

飛び石で遊ぶけんちゃん、、、

 今日は、パパが面白い写真を撮ってくれました。



 岩に登りながらゆっくり2時間弱過ごしました。

カヌーの下に寝ているのはけんちゃんです。

五大湖スペリアル湖の海岸旅行1: ツーハーバーTwo Harbor

二泊三日でノースショアというスペリアル湖にそってのハイウェイのドライブの旅。朝6時に過ぎに家を出て、北へ3時間ダルース市という港町に着きました。この街も綺麗で素敵なのですが、一昨年私たちは、この街を訪れたので、今日はダルースから20分程のツーハーバーという町のリゾート地へ、
このスペリアル湖のハイウェイ沿いには様々な場所があるのだけれど、最もポピュラーなのが、ここグースベリー・フォール:Gooseberry Falls State Park。(滝といってもナイアガラとまではいかない。)

 また、ここはハイキングコースとして人気があり家族連れも多いです。澄んだ水が流れる浅瀬や飛沫と風を感じる滝が森林に囲まれていて、ハイキングに最適。


ミネソタ州内にはこういった場所がわんさかあって、本当に自然の豊かな水に囲まれたところだと痛感します。確かに壮観な大自然ではないけれど、人を優しく気軽に迎えてくれるソフトでスローな環境に恵まれていると思います。
 ランチ:ビーチでしようとしましが、、、ハエの大群がこのあたりを襲っていて、とても食事ができる状態ではありませんでした。残念です。でもこんな風に岩に登って遊びました。
 はなちゃんのいい写真!
ランチの後は、スプリットロック(Split Rock)灯台州立公園
スペリアル湖のノースショアでいや ミネソタ州で最も美しい観光地のひとつです
最高の景色です!絶境!スペリアル湖を背景に。(
スペリオル湖は、メサビ鉄山から産出された鉄鉱石を運ぶ水上交通路として有効活用されているそうです。)

歴史センターもあってどんな様子で灯台を守ってきたかガイドさんが丁寧に説明してくれました。その水上交通路の安全を守るため、スプリット・ロック灯台は1910年に生まれました。
1969年、通信機器などの発達により、このスプリット・ロック灯台は役目を終えます。
宿泊先は、ダルース市内のカントリーイン。プールで楽しむけんちゃんです!ちなみに夕食は、イタリアン。(オリーブカーデンで)

2019年7月26日金曜日

日本最終日:羽田から

今年は、六週間日本で過ごしました。いつもより二週間ほど長いです。はなちゃん水泳のチームでとてもよくしてもらいました。最終日の練習の後で。小林先生と。
けんちゃんも六週間、5年生よく頑張りました。けんちゃんの大好きだった図工での作品。
今年は、初めて羽田空港から直行便で帰ります。きょうピンに新越谷まで送ってもらいそこからバスで向かいました。
 羽田空港の国際便エリアは狭いですが、新しく綺麗で、しかもこんな風に、「江戸小町」の通りが作られていて、びっくりしました。

けんちゃんのクラスメート二人と同じ飛行機。しかも席も隣!!楽しい飛行機の旅になりました。
クラスメートのなおみちゃん、ともひくんのお母さんは、京都の人。京都から飛行機で羽田入り。飛行機に乗る前からおしゃべりに花が咲きました。
「おかえり!」ミネアポリスに戻ってきました。なおみちゃんたちも約二ヶ月日本で過ごしました。ミネソタの大きな青空がお出迎えです。